大会の趣旨・目的
大会の目的
本大会の目的は主に3点あります。

①次世代の子供たちにスポーツのすばらしさを体験してもらうこと

優れた選手の競技を観客として「みる」だけでなく、身近に「一緒のスポーツをする」選手と感じてもらうことにより、次世代の子供たちにとって、スポーツのすばらしさ、すごさを体験してもらうと同時に競技への意欲を芽生えさせるきっかけとすること。

②競技者に競技への意欲を高めてもらうこと

パフォーマンスの出しやすい大会を目指し、機会を提供するとともに、高いレベルの競技会による、競技者発掘と競技力向上を側面から支援すること。

③陸上競技の多様性を理解してもらうこと

競技者に対しては、長距離に人気がかたよりがちな陸上競技にあり、複数の競技を行い、多くの陸上競技種目に親しむ機会を設けることにより、長距離以外の種目の競技としてのおもしろさ、すごさを競技者自身実感してもらい、陸上競技全般が盛んになるような機会を作ること。
また、一般の方にも実際に陸上競技の数種目を体験してもらうことにより、理解、関心を深めてもらうとともに、ひいてはスポーツ全般への関心を広げてもらうこと。
大会の内容
① 公認陸上競技大会
トップレベル選手から一般競技者まで参加 招待種目も開催

② 非公認陸上競技大会(チャレンジ陸上競技)

一般市民で陸上競技未経験の方も体験できるように、通常の試合と同形式で開催

③ 陸上競技教室

国内の陸上競技トップアスリート・コーチを招き、講習会を開催